NISAとはなんだったのか振り返ってみる

NISA運用で5年後どうするかは大きな問題です。

というのもNISAというものは最長5年間という有効期限があるからです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

あとは翌年以降のNISAの枠を使ってそのまま持ち越すこともできます。

他には通常の証券口座などで運用を続けることもできます。

NISA枠をどう使って投資をするのかは、人によって投資方針はいろいろだと思いますが、含み損がでているものを通常の証券口座に移すと、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

NISAの最大のメリットといえばやはり非課税ということですよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉で勘違いしやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。

念のため解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなくても翌年その分増えるということはありません。

NISAのメリットといえば非課税ですが、その一方でデメリットもあります。

それは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限である5年を迎えてしまった場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、NISAの場合口座へ引き継ぐ際、手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったという扱いになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になっていたとすると25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益ということになり、含み損が出ているのにも拘らず税金を課せられてしまうのです。

ですから、引継ぎをする場合でも含み損が出ているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが得策かもしれません。

こういった総合的なコストを含め実際的なデメリットと言えそうです。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。

雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってもいいわけじゃないですしね。

投資家ではなく、一般人が生活の上で投資を始めるときに最初に考えなければいけないのは、リスクがどうかではなく、何のためにやるのかという目的をきちんと見定めるということです。

老後にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来に求められることをやっていそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAで1万円から始めたいと思っています。

現金だけでも家計には限界があるし投資も考えないといけないかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額だと何かあってもダメージが少ないのは確かですがそれだけではありません。

株式取引をメインに考えてみますと、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、投資先としてどこかの会社を選んだとしても結果としてどうなるかは神のみぞしるわけで、お金がある人にとっても結局リスクがあるというわけでやはりハードルは高いようです。

投資信託であれば金融で仕組み化している分の手数料がありますがバランス投資が低予算でも実現できます。

NISAのリスクは主に2つあります。

まず一つ目は、NISAの仕組みです。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができないというリスクがあります。

これは源泉徴収ありの特定口座でも一緒なのですが、NISAで注意しなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。

一度売ってから再び買い戻しをすることになるかもしれません。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

NISAを銀行でやろうと考えている方はいませんか?いわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安いネット証券がおすすめです。

ゆうちょや銀行などはご近所にある金融機関の場合、NISAの始め方から丁寧に教えてくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、最終的に支払うコストが低くなるというメリットですから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAのリスクは主に2つあります。

NISAの解約可否について気になるという方もいらっしゃると思いますが、手続き可能ですのでまずはご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社や銀行などによって細かい手順は違うと思いますが、廃止手続きをするための案内に則って進めることになります。

もう少し具体的には非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付します。

必要な書類は、申し込みをした段階で送付されてきます。

いつでも解約しようと思えばできるというのは、原則60歳まで解約不可なiDeCoと大きく異なります。

解約のハードルが低いので、その分始めやすいということにもなりますよね。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して非課税というのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができないというリスクがあります。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAで用心しなければいけないのが5年間という期限がついている点です。

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。

一度売ってから再び買い戻しをすることになるかもしれません。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

NISAに興味がある方は、はじめ方から調べていくことをおすすめします。

始めるだけであれば、ゆうちょや銀行の支店などでもはじめることは可能です。

とはいえ、この方法は本当にただはじめてみたい人向けなので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設しましょう。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクローリターンの金融商品となります。

決して悪くはないのですが、逆に言うとそれしかないのでちょっと気になるところです。

独占の金融商品に特に興味がないのであれば、取扱い金融商品が豊富なネット証券がオススメです。

NISAで1万円から投資してみたい人は多いようです。

現金だけでも家計には限界があるし投資も考えないといけないかな。

といったことはよく言われていますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

基本的に投資の世界では株式取引が中心になりますが、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

そうなるとお金がある程度ある人にしか参加できませんし、限られた資金で選ぶ一つの会社が結果としてどうなるか考えてみても分からないですから、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

投資信託がメニューに入っている理由がここで分かるのですが低予算でもバランス投資ができます。

NISAを利用する最大の理由は非課税だからですよね。

NISAのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉がよく使われるので勘違いされやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

一応解説すると、120万円までという枠なのですから、120万円を超える購入はできません。

枠そのものを持越しすることもできませんので、年内に使いきれなかった分が、翌年増えるということにはなりません。

NISAを銀行でやろうと考えている方はいませんか?取引先にすすめられて…などいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安いネット証券がおすすめです。

ゆうちょや銀行などはご近所にある金融機関の場合、NISAってどういうもの?というところから丁寧に説明してくれますので、そのほうが安心して運用できるという方もいると思いますのでダメということではありません。

NISAの1番特徴である非課税というのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、折角なら手数料が安くなる可能性も上げていきたいところです。

できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAというものは自分のために口座開設をして投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親権者などが代理で運用していく仕組みとなっています。

NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

2024年以降の各年において非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは非課税で保有可能なのは大きなメリットですね。