通常のNISAと違って投資できる金融商品が限定されています

NISAと積立NISAの違いは、現物株や様々な投資信託が扱える

積立NISAは投資信託のみになりますが、その中でも手数料が低いという特徴を持っていて、販売手数料がかからないこと、公募投資信託あるいは上場株式投資信託ETFであることなどに限られています。

また、投資上限についても年40万円までという制限がありますからかなり違いがありますね。

その代わり非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用することができないというのも気を付けなければいけないポイントです。

NISAに興味がある方はまずは、はじめ方から勉強することをおすすめします。

はじめるだけならば、近所のゆうちょや銀行などでも可能です。

とはいえ、本当に「ただはじめるだけなら」ということになりますので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

銀行やゆうちょなどといった金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターン型の投資信託です。

決して悪くはないのですが、逆に言うとそれしかないのでちょっと気になるところです。

独占の金融商品に興味があるという場合を除けば、ネット証券がおすすめです。

NISAのリスクについて説明します。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して非課税というのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができないというリスクがあります。

これは源泉徴収ありの特定口座でも一緒なのですが、NISAには5年間という期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、含み損が発生していても考慮されません。

一度手放してから、買い戻しをするという作業をしなければいけないかもしれません。

そしてもちろん金融商品ですから、商品自体がもっているリスクも考えなければいけません。

NISAを利用する最大の目的は非課税ということにつきますよね。

NISAならではのメリットを十分に活用するために、NISAのルールを事前にちゃんと確認しておきましょう。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

枠という言葉で取り違えやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。

念のため解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

枠自体を持越しすることは出来ないので、年内に使いきれなかったとしても翌年その分増えるということもありません。

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答えると、株や投信といった金融商品の利益を限定つきで非課税にする制度です。

日本では2014年にスタートして、年間にして120万円までが非課税で売買できる枠となります。

さらに詳細となりますが日本に住む20歳以上ということが決められていまして、1人1口座だけ持つことができます。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

期間は最長5年までということになっていますが、現在保有しているものをNISA口座に移動させるということはできません。

NISAに失敗してしまうのはどのような原因があるのか気になりますよね。

失敗の原因には、NISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品であるがゆえのリスク、NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗ものと言えば期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させると値下がりした後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がはらんでいるリスクというのは、NISAじゃなくても値下がりしたら損するよねということです。

3番目のNISAの仕組みによって非合理的な行動をとってしまうというのは、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきますが、通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが代理で運用していく仕組みとなっています。

NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫の備えという面の二つがあります。

18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、継続管理勘定では20歳になるまで非課税で保有し続けることができるというのは大きなメリットですね。

NISAの失敗にはどのようなものがあるか気になりますよね。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリットを無意識的に避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗について説明すると、期間終了時に含み損が生じていた場合に、そのまま通常口座に移行し幸か不幸か株価が値上がりしてしまうと、含み損が出ていた時の金額が基準になってしまっているので利益がでたと判断され課税されてしまいます。

金融商品自体がもっているリスクというのは端的にいってしまうと、金融商品ですから値下がりしたら損だよねということです。

3番目のNISAの仕組みによって非合理的な行動をとってしまうというのは、NISAの枠が120万円ですから、その間に収まるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことを指します。

NISAで5年後どうするかというのは外せないテーマです。

というのもNISAでは最長5年間というルールが設定されているからなんです。

期限が切れた時に私たちにはいくつかの方法が用意されています。

一旦売ってしまうという方法が一つあります。

翌年のNISAの新しい枠で運用を続けることができます。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。

はじめるだけならば、近所のゆうちょや銀行などでも可能です。

とはいえ、本当に「ただはじめるだけなら」ということになりますので、堅実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券での口座開設を強くおすすめします。

銀行やゆうちょなどといった金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターンの金融商品となります。

初めての方には悪くはないと思いますが、収益を考えた場合物足りなさは否めません。

独占の金融商品に興味があるという場合を除けば、取扱い金融商品が豊富なネット証券がオススメです。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?もし投資自体が初めてという方であれば、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、リスクリターンがついて回るという投資の特徴についてです。

これは預金と比較して投資のほうがリスクがあるかどうかという単純な話ではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

銀行など生活密着型の金融機関でも売られている投資信託は簡単そうに感じるかもしれませんが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

その上で、自分の投資に対する考え方と金融商品の特徴を合わせて考えてみましょう。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

現金だけでも家計には限界があるし投資も考えないといけないかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額投資ならではのリスクというものもあるのです。

投資と言えば株というぐらいの定番なのでそれで考えてみますと、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、限られた資金で選ぶ一つの会社が結果としてどうなるか考えてみても分からないですから、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

NISAとは何かをシンプルに言うと、株や投資信託などの取引を活発にして家計と経済を回していくために利益がでたら非課税にしますよという仕組みです。

日本で始まったのは2014年で、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

さらに詳細となりますが日本に住む20歳以上ということが決められていまして、1人1口座だけ持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

毎年の枠ですが最長で5年間の計600万円までで、NISA口座以外のものをNISAで運用するということはできません。

NISAのリスクを紹介します。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失が出てしまったときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という期限があるところです。

満期までに通常の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損があったとしてもそれが考慮されないというリスクがあります。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。