NISAのリスクについて説明します

NISAの解約可否について気になる

という方もいらっしゃると思いますが、手続き自体は可能ですからまずはご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社などによって手順は変わってくると思いますが、解約手続きをするための案内にしたがって手続きを進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要な書類は、申し込みをした段階で送付されてきます。

いつでも解約可能な点は、原則60歳まで解約することができないiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、それだけ始めやすいとも言えます。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?取引先にすすめられて…などいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、基本的には手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAってどういうもの?というところから丁寧に説明してくれますので、対面でやり取りできた方が安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの特徴である税金を引かれないというのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、どうせなら手数料もできるだけ下げていきたいですよね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISAをする上で5年後というのは大きなテーマになります。

というのもNISAは最長5年間と決まっているからです。

タイムリミットが来た時に私たちは実際に何ができるのでしょうか。

一旦売ってしまうという方法が一つあります。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

このほかに一般的な証券口座などで引き続き運用することも可能です。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、考え方は人それぞれなので正解はこれだと決められませんが、損をそのまま引き継いで証券口座で運用した場合、その時点で新たに買ったことになり当初の値段に戻っただけでも値上がり扱いとなることは知っておいてください。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長5年という制限が設けられていますが、この5年が経過した後にその年の新たな非課税枠を使って、移行させることをロールオーバーと呼びます。

NISAの投資枠自体は毎年120万円迄と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。

ジュニアNISAと呼ばれるしくみについても枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーついては基本的には同じです。

ただし、NISA自体が2023年までとなっていますので、これからNISAをはじめる人にとっては、ほとんど関係ないかもしれません。

NISAでおすすめされているのはどういう理由なのでしょうか?もし投資をしたことがないという初心者なら、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、リスクリターンという両面性についてです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、何がどうなるとそれがリスクとして現れるかを知ることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

投資信託などは銀行などの身近な金融機関でも販売されているためなじみがあると思いますが、投信自体を構成する金融商品がどういう基準で選ばれていてそれがどういう条件でどういう変化を起こすのかを知っておく必要があります。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

NISAとはということについてシンプルに考えてみると、投信や現物株で稼いだお金を非課税にしましょうという仕組みです。

日本で始まったのは2014年で、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、実際には一人につき一口座と決まっています。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、金融商品の配当や売買差益といったものが該当します。

最長で5年間という制限があり、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

株といっても、ハイリスクな信用取引は含まれませんし、比較的低リスクな債券も対象外です。

外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなど、ハイリスク型と呼ばれる金融商品も含まれていません。

NISAという商品が生まれた理由ですが日本では預金する傾向がとても高いため、預貯金する分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのではと考えられて作られたのだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後継として生まれたことからも長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

現金だけでも家計には限界があるし投資も考えないといけないかな。

といったことが経済情報サイトなどで言われていることもありますが、少額だと何かあってもダメージが少ないのは確かですがそれだけではありません。

株を例にとってみると、株を実際に売買しようとすると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、限られた資金で選ぶ一つの会社が結果としてどうなるか考えてみても分からないですから、ある程度の資金があるとしてもやはり機関投資家ではないので限界はあるわけです。

投資信託であれば低予算でも分散投資ができるようになっています。

1点目は、NISAの仕組みが抱えているリスクです。

NISAは利益に対して非課税というのが最大のメリットなのですが、損失が発生したときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という期限があるところです。

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損がでていたとしてもそれが考慮されないのです。

一度売ってから再び買い戻しをすることになるかもしれません。

そしてもちろん金融商品自体が持つリスクというのは当然あります。

NISAを銀行でやろうと考えている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いだったりいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安いネット証券がおすすめです。

ゆうちょや銀行などは身近にあるお店では、NISAってどういうもの?というところから丁寧に説明してくれますので、対面でやり取りできた方が安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISA最大の特徴である税金を引かれないというのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、どうせなら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですね。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAと積立NISAの違い端的に紹介すると、積立NISAは現物株や色々な投資信託が扱えるNISAと違って、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAでは投資信託のみの扱いとなりますが、その中でも手数料が低く分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がゼロであること、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円までと決まっています。

その代わり非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用することができないというのも気を付けなければいけないポイントです。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。

雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

預金しても金利が低いからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクはやはり怖いですしね。

生活をしていく上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく、何のためにやるのかという目的をきちんと見定めるということです。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先のことを予想してみるといいですね。

将来に求められることをやっていそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、手続き自体は可能ですからまずはご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きをするための案内がありますからそれにしたがって進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要な書類は手続きの申し込みをした段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約可能な点は、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、始めやすいとも言えますよね。

NISAを利用する最大の目的は非課税ということにつきますよね。

NISAの利点を十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。

毎年与えられる120万円の非課税枠は使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば10万円の株を買った場合、後に10万円分売却したとしても10万円分の枠はリセットされないということです。

もしかしたら誤解しているがいるかもしれませんので、解説すると、120万円までという枠ですから、合計120万円を超える商品は購入することはできません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。