NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります

NISAには最長5年という条件があるのですが

この5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を利用して、その状態のまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぐことができます。

ジュニアNISAについても、枠の上限額や払い戻しのルールに多少違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じものとお考えください。

とはいえNISA自体が2023年までなので、これから運用を始めるという人には、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

NISAが始められるのは2023年までです。

これはNISAが始まったとき決まっていたことではありますが、これから運用をはじめる方にとってはあと僅かな期間になってきました。

2023年になるまでは、すでにNISAをやっていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーの制度が利用できたのですが、これからはじめる方にとっては、この制度は無関係ですね。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合はいったん売却するか、もしくは課税対象の普通口座に移行するかのどちらかになります。

非課税の口座と課税される口座間で株や投資信託を移し替えることで、最終的な収益を計算しておきましょう。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

大きく分けるとNISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体そのものが抱えているリスク、NISAの仕組みによるデメリットを無意識的に避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗について説明すると、期間終了時に含み損が生じていた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは端的にいってしまうと、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、NISAの枠が120万円ですから、その間に収まるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことを指します。

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

ただし、株でもリスクが高い信用取引は含まれませんし、わりとリスクが少ないと言われる債券についても対象外になっています。

比較的人気の高い外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際にでも安定して強いと言われている、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAという商品が誕生した理由は、日本では預貯金する傾向が高いため、その分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのでは?という想いから誕生したそうです。

つみたてNISAが誕生した理由も、長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAは解約可能なのかどうかと言う点について気になる方もいるかと思いますが、解約手続きはできますのでご安心ください。

ただし条件があって残高があると解約はできません。

証券会社などによって手順は変わってくると思いますが、廃止手続きをするための案内に従って進めることになります。

もう少し具体的に説明すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と併せて送付します。

必要な書類は手続きを申請した段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約できるという点は、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、始めやすいとも言えますよね。

NISAを銀行では始めようと思っている方って、どれぐらいいるのでしょうか?取引先の銀行とのお付き合いだったりいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAってどういうもの?というところから丁寧に説明してくれますので、そのほうが安心して運用できるという方もいると思いますのでダメということではありません。

NISAの特徴である税金を引かれないというのは、最終的に支払うコストが低くなるというメリットですから、どうせなら手数料もできるだけ下げていきたいですよね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答えると、株や投信といった金融商品の利益を限定つきで非課税にする制度です。

日本で始まったのは2014年で、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

さらに詳細となりますが日本に住む20歳以上ということが決められていまして、実際には一人につき一口座と決まっています。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、配当や売買差益といったものがその対象になっています。

毎年の枠ですが最長で5年間の計600万円までで、今現在一般口座や特定口座のものをNISAで引き継ぐということはできません。

NISAでおすすめされているのはどういう理由なのでしょうか?

もしあなたが投資の初心者だったとすれば、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、投資と預金の最大の違いであるリスクリターンの考え方になれるということです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、何がどうなるとそれがリスクとして現れるかを知ることです。

分かりやすく株を例にしてみると見通しが立たない会社の株は売られて値下がりします。

銀行など生活密着型の金融機関でも売られている投資信託は簡単そうに感じるかもしれませんが、投信自体を構成する金融商品がどういう基準で選ばれていてそれがどういう条件でどういう変化を起こすのかを知っておく必要があります。

その上で、自分の投資に対する考え方と金融商品の特徴を合わせて考えてみましょう。

NISAとは分かりやすく考えると、投信や現物株で稼いだお金を非課税にしましょうという仕組みです。

2014年に日本でスタートした仕組みで、年間にして120万円までが非課税で売買できる枠となります。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、ひとつの口座のみを持つことができます。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

5年間までという制限があるのですが、現在保有しているものをNISA口座に移動させるということはできません。

NISAでは5年後という言葉には大きな意味があります。

というのもNISAというものは最長5年間という有効期限があるからです。

タイムリミットが来た時に私たちは実際に何ができるのでしょうか。

一旦売ってしまうという方法が一つあります。

次の年のNISA枠でそれまで運用していたものを引き継ぐという方法もあります。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、損益通算ができないことによるリスクがあることは知っておいてください。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いだったりいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

ゆうちょや銀行などは、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの1番特徴である非課税というのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、どうせなら手数料もできるだけ下げていきたいですよね。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAと積立NISAの違いを簡単に説明すると、現物株や投資信託が扱える通常のNISAとは異なり、投資できる金融商品が限定されています。

積立NISAでは投資信託のみの扱いとなりますが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料がゼロであること、公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円迄ですからかなり違いがあると言えますね。

その代わり非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用することはできませんのでご注意ください。

NISAにはロールオーバーという仕組みがあります。

NISAには最長5年という制限が設けられていますが、この5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を利用して、その状態のまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は毎年120万円迄と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぎが可能です。

ジュニアNISAと呼ばれるしくみについても枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーついては基本的には同じです。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、気にしなくていい情報かもしれません。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

まず一つ目は、NISAの仕組み自体にリスクが隠されています。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができないというデメリットがあります。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同じことが言えるのですが、NISAで注意しなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が発生していても考慮されません。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

そしてもちろん金融商品ですから、商品自体がもっているリスクも考えなければいけません。